REVの雑記 このページをアンテナに追加 RSSフィード



部数
紀伊国屋ランキング
日販ランキング
オリコンランキング
ラノベの杜DB
読書メーター

2017-04-09

新木伸、という作家について 新木伸、という作家について - REVの雑記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新木伸、という作家について - REVの雑記


星くず英雄伝 1996-2001 電撃文庫

でヒット? 未読である。スぺオペと思われる。


あるある!夢境学園 全7巻(2001年12月 - 2005年9月、ファミ通文庫)

ここで、移籍状態。未読である。

S式コミュニケーション 全3巻(2006年3月 - 11月、ファミ通文庫)

ここから読みだした

明るい家族砲計画っ! 全5巻(2008年6月 - 2010年7月、ファミ通文庫)

このへんは概ね読んだ。


GJ部シリーズ(ガガガ文庫)2010年3月 - 2015年7月)

流行り出した、日常モノラノベと、4コマ漫画を組み合わせ、そして、上手にイラストを配置した企画がヒット。アニメ化へ。

その後、一迅社で何作か出すが未読。


英雄教室 既刊5巻(2015年1月 ダッシュエックス文庫)

そして、ダッシュエックスからこれが。どうみても、なろう!です。本当にありがとうございましたな作品ではあるが、これ、新木伸が、なろう!初連載の異世界Cマートより出版は早い*1


異世界Cマート繁盛記 2015年5月 なろう!連載開始

異世界Cマート繁盛記 既刊4巻(2015年12月 - 以下続刊、ダッシュエックス文庫)

こっから、なろう!連載開始。あっという間に文庫化。


四億円当てた勇者ロトと俺は友達になってる 全2巻(2016年3月 - 6月、角川スニーカー文庫)

薪割りスローライフをはじめますか?[はい/いいえ][1] 全2巻(2016年5月 - 7月、角川スニーカー文庫)

と、立て続けにWeb連載を文庫化。



それなりに、マーケットを見極める力のある作家だとは思うよ。うん。












マーケット マーケット - REVの雑記 を含むブックマーク はてなブックマーク - マーケット - REVの雑記

728 (1) :名無しさん@避難中@無断転載厳禁(UqCtpUzkxuU):2017/04/02(日) 05:00:20.57 id:Jig1dyY+0 [6] NGID

ORICONエンタメ・マーケット白書2016、今回はレーベル別TOP15ではなくメーカー別TOP10に変更。16年よりラノベの売上にBLも含めるとのこと。

ラノベ年間売上実績 年次推移。数字は億円、文庫/BOOK/全体。

12年 236.7/62.4/299.1

13年 231.6/74.6/306.2

14年 230.1/99.7/329.8

15年 218.6/132.8/351.4

16年 206.0/133.5/339.4

ラノベメーカー別売上実績Top10。(カッコは売上金額、構成比、前年比)

KADOKAWA(164.0億、48.3%、105.2%)

アルファポリス(26.5億、7.8%、88.9%)

集英社(18.1億、5.3%、56.3%)

講談社(17.2億、5.1%、77.0%)

SBクリエイティブ(15.3億、4.5%、79.0%)

オーバーラップ(10.3億、3.0%、205.2%)

小学館(9.0億、2.7%、60.7%)

ホビージャパン(6.2億、1.8%、93.7%)

双葉社(6.2億、1.8%、123.8%)

マイクロマガジン社(6.1億、1.8%、270.2%)

*1:別名で連載していた可能性は微粒子レベルで存在

2017-04-08

チャート、微妙に更新。 チャート、微妙に更新。 - REVの雑記 を含むブックマーク はてなブックマーク - チャート、微妙に更新。 - REVの雑記

オリジナルサイズで見ないと厳しい


f:id:REV:20170409150905p:image





数字は、ラノニュから引っ張ってきたが、詳細不明なので、自分で多くをチェック。

http://grev.g.hatena.ne.jp/REV/20170409

部数スレに張り付いていた皆様には周知のことと思われるが、ラノベの部数は、「ラノベの部数」を指す場合と、「ラノベ+コミカライズ+α」を指す場合があり、当然、後者のほうが見かけ上の部数は増える。MFJと富士見Fはこの例が多かった。「このタイトル、こっちのタイトルより部数が多いの変じゃね?」って時は、関連書籍部数込って可能性が考えられる。

 超級ヒットだと、児童用の書籍が出版されたり、リプレイとかアニメ映画のノベライズが出版されたり、どこまでが部数で、どこまでが冊数だか分からない場合も


あと、5年ほど前からオリコンがPOSの集計で?実売冊数出してるので、将来的には公称部数でなく実売部数の比較になるかもしれない

2017-03-28

2017-03-28 - REVの雑記 を含むブックマーク

f:id:REV:20130711144647p:image





五年以上、メンテしないない図をおいときますね。累計発行部数250万部以上のタイトルを発行部数と刊行開始年で並べたもの。取捨選択はしてないので、ある程度客観的だと思っている。

縦軸が部数、横軸が年代。目盛りはリニアではないところに注意。

一応、枠の左上が刊行開始時期と部数の目安。横の長さは連載期間を意味しません。重なっている場合、見易さを考えてずらしているので、正確さが犠牲になっています。


まず、左上の黄色く着色した枠で記載したタイトルは、ラノベ以前の作品。Dは、ソノラマ文庫なのでラノベに入れても悪くはないと思うけど(でも入れない)


次いで、ロードス・スレイヤーズ・オーフェン・FQっていう、90年代FT四天王。このへん、個人的には「RPG小説」と読んで、ハヤカワFTみたいなFTと区別していた。




そこからFTブームが終わり、2000年ラノベブームへの中継ぎ的作品がFMPと言えるかな。学園パートと、ミスリルパートが(当初は)分離しているのが特徴。

で、マイルストーン的なブギポを経て、まぶらほ・シャナ・ハルヒ・禁書・ゼロ・レギオス…へと続いていったと思われる。『現代』の有無はさておいて、「学園異能」って印象はある。


 このへんから、風向きがちょっと変わり、とらドラ、バカテス、生存、俺妹、はがない、という、異能・異世界の無い(少なめな) 「日常系」作品が増加。


その反動、ってわけじゃないけど、SAO/AW、劣等生というバトルモノが増えている。ジョンイル、じゃなくて"だんまち"など、なろう系はバトル基本だし。


 で、最近はどうなんだ、って言われても、ラノベシーンはよくわからない。ひとまとまりの「ラノベシーン」ってものが無くなってるんじゃないかって考えているのだけど。ミニブームとして戦記モノの復権、があるらしい。


限界について

発行部数未公開タイトルは、それがラノベ史に重要なものでも未掲載なのは、手法の限界だけど(物語シリーズとか)。あと、単巻だと、それが重要なタイトルでも累計部数は長大なシリーズに勝てないという制限はある。「巻割部数」だと、「どこまでを巻数にカウントするのか(カウントして発表されているのか)」が不明瞭なのと、「ある時期、人気を博して大衆にインパクトを与えたが、その後は細々と続編を書き続けている」タイトルは、実勢(?)より少なめに数字が出るところか

2016-12-11

オンライン小説書籍化黎明期の思ひ出 オンライン小説書籍化黎明期の思ひ出 - REVの雑記 を含むブックマーク はてなブックマーク - オンライン小説書籍化黎明期の思ひ出 - REVの雑記

毎月、十数タイトルものオンライン小説が書籍化されてるような(未調査)昨今だが、昔は数えるほどしかそんなタイトルはなかった。


2011年3月に書いた文章が

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/REV/20110311/p1

これ。白の皇国、シーカー書籍化で作成したと思われる。



オンライン小説っていうか、ネット小説自体は、SAO/AWで脚光を浴び、そんで、まおゆうで注目を浴びた経緯もあるが、2010年夏以降、魔法科高校の劣等生の大プッシュがあった。

http://d.hatena.ne.jp/izumino/20100825

こういう記事が傍証ね。



2011/03 ログホラ 刊行開始

2011/06 アルファポリスより「白の皇国物語」 刊行開始

2011/07 魔法科高校の劣等生 刊行開始

2011/11 フェザー文庫 創刊

2012/09 オバロ 刊行開始

2012/09 ヒーロー文庫 創刊

2013/01 ダンまち 刊行開始*1

2013/08 MFブックス  創刊

2013/10 このすば 刊行開始

2014/01 Re:ゼロ  刊行開始

2014/07 モンスター文庫 創刊

2014/11 HJノベルス 創刊

2016/04 GAノベル 創刊


オンライン小説(というか、なろう!拾い上げ)レーベルは創刊時期がわかりやすいが、アルファポリスなんかは、2009年ころまでは、月に1冊程度、刊行しない月もあるほどの状態だった。いくつかのタイトル専門レーベルになっていた。それが、最近は二けた刊行ですよ。

http://ranobe-mori.net/label/alphapolis/





コンテストからスカウトへ

大手レーベル、電撃・MFJ・富士見F・靴(これをカドカワ・フォー)、GA・HJ・GGG・DX・ファミ通入れて、ビッグ・ナイン って言っておこう。一迅社・講談社・オバラ御免、は、従来、ネット小説を引き抜いてこなかった。初期は、「ネット小説の作者が、新人賞に投稿し、それを採用した」って形を取っていた。

2013/10 このすば 靴

2014/01 Re:ゼロ MFJ

2014/6/20 金色の文字使い 富士見ファンタジア文庫

あたりから、大手でもスカウト作品が増えてきた感はある。





一迅社文庫… 一迅社文庫… - REVの雑記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 一迅社文庫… - REVの雑記

http://ranobe-mori.net/label/ichijinsha-bunko/

2013年頃は、月に5冊は刊行していた一迅社文庫、昨年あたりから月2冊ペース。秋以降は、月に一冊に…


追記:講談社に買収されていたか、そういえば。合流するのかな。

*1:第4回GA文庫大賞「大賞」

2016-12-07

[] 2016-12-07 - REVの雑記 を含むブックマーク

某記事より転載した、14世紀各国の人口と兵員数

国名人口兵員割合
190003501.8%
170002201.3%
2000392.0%
西6000300.5%
9000700.8%
(自)1270002300.2%

ちな、最下段は自衛隊。

えー、どこまでを兵員として、どこまでを兵員から除外するのかって色々難しそうである。

普通に考えれば、いわゆる騎士階級、戦士階級がこの人数で、会戦があれば、農民兵とか徴兵募兵傭兵を加えて戦力とするってことだろう。


戦国~江戸大名の場合、一石が一人一年の食い扶持で、一万石だと一万人が養え、300人程の派兵能力を持つとされたそうな。(実は1.8石くらい)




日本の人口統計

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88

だと、幕末は30百万人程。

Yahoo知恵袋 "江戸時代は日本全国あわせて何万石くらい"

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14119560339

だと

なお以下の集計結果は勝海舟『吹塵録』の「天保十三年全国石高内訳」によるもので、天保郷帳の数字と一致する、19世紀前半のもの。

皇室御料 4万0247石余

幕府天領 419万1123石余

大名領 2249万9497石余

寺社領 29万4491石余

高家・交替寄合 17万9482石余

公家領・旗本領 335万4077石余

合計 3055万8917石余

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1177382/99

30百万石程。


だいたい、一石一人って勘定が残ってる。

もう面倒なんでリンクしないけど、他の知恵袋見ると、武士階級(女子供含む)が7%、「武士」は1.7%って推計がある。一万石の大名には、300人の出陣要請が下ると、170人ほどの武士のうち、100人ほどが従者を数人連れて参上し、合計250人程で陣容を整える、みたいなもんかな。