REVの雑記 このページをアンテナに追加 RSSフィード



部数
紀伊国屋ランキング
日販ランキング
オリコンランキング
ラノベの杜DB
読書メーター
 | 

2006-07-06

[]クラスの女子たちの会話 クラスの女子たちの会話  - REVの雑記 を含むブックマーク はてなブックマーク - クラスの女子たちの会話  - REVの雑記

315 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/05(水) 21:49:11 5fHuKY8k

クラスの女子たちの会話

「涼宮さんってずいぶん話しやすくなったよね」

「坂中なんかもう涼宮になつくまくりだしねー」

「最初は感じ悪かったよねー」

「そうそう。あの頃とはもう別人」

「話してみたらけっこういい子で拍子抜けしちゃった」

「ありゃ確かに男にもてるわ」

「でもさでもさ、涼宮さんってキョンと9組の古泉君以外ぜんぜん相手にしてないじゃん。もったいない」

「どっちかとつきあってんの?」

「そりゃやっぱキョンくんとじゃない?」

「あ、あたしそれ本人に聞いてみたけど真っ赤になって否定してたよ。思いっきり逆ギレされたし」

「そこまであからさまなのも珍しいね」

「でもなんでキョンなんだろ、古泉のほうがよっぽどかっこいいじゃん」

「そこはほら、涼宮さんは変人だから」

「ぎゃはははは」

「でもそっかー。まだ付き合ってるわけじゃないのかー」

「惚れてんのモロバレなのにねえ」

「さっさと告ったらいいのに。もうほとんど公認でしょ」

「そこはほら、なまじ美人だとプライドが邪魔して言えないんじゃない?」

「それに万が一振られるのが怖いとか?」

「涼宮さんってキョンくんに見捨てられたら寂しくて死ぬよね絶対」

「うわ、重ー」

「あーそりゃもーだめだわ。意外とヘタレね涼宮」


関連

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/REV/20060603#p5

 |