deltazulu.LightnovelG

2006 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2006-05-10

eBOOKOFF はどこを辿ってきたんだろう 20:47

CAXさんも紹介されてましたが、eBOOKOFF からうちにもメールがきました。

それはいいとして、送られてきたメールに書かれているサイト名をみて驚きました。今はまるで更新してないサイトの名前だったから。

かつて、livedoorfc2seesaa などなど、いろんなブログサービスを借りて booklines.net の前身っぽいやつを作ってたんですが*1、そのとき fc2 で作ったブログサイト名で送られてきてたんです。もう 1年近くも更新してないのに(作ってすぐ使えないと放置したから)。

あれ?でもここにはメアド載せてないのに何でこのメールが届いたんだろ、と思ってメールの宛先をみたら、booklines.net 宛でした。

二つのサイトの繋がりは、結構薄いんですが、いったいどういう経路を辿ってきたんだろ。

っていうか更新していないサイトは、さっさと閉じろ>自分


ところで、eBOOKOFF のライトノベル特集のページを見てみましたが、ほとんど読んだことがない作品ばかり。 40人の著者の作品が並べられていましたが、読んだことあるのは今野緒雪上遠野浩平三雲岳斗ぐらいか?

こんな僕がリンクを張っていいものかどうか。

っていうか、どのサイトで紹介すればいいんだろ。

booklines.net は本だけのページなんで、文章を載せるところないしなあ。

*1:結局自由度の高いほうが良いやってことで、サーバ借りたんだけど

トラックバック - http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/deltazulu/20060510

2006-04-27

ライトノベル読み同士で馴れ合うための20の質問*1に答えてみる 21:40

注意!

・質問にうまく答えることができない場合はツンデレ風に返答してください。例:「ライトノベルを読みはじめたきっかけは?」→「ラ、ライトノベルなんて読んだことないんだからねっ!」


1.ライトノベルを読みはじめたきっかけは?(最初に買ったライトノベルも併せて)

マルドゥック・スクランブル」から冲方丁つながりで「カオス・レギオン」を読んで、面白かったんでライトノベル完全読本読んで、掲載されている作品に手を出し始めたら、とまらなくなった。


2.「ライトノベル」という呼称は好き?(嫌いなら好きな呼称を挙げてください)

イメージしやすいからわりといいかな。


3.誰かに薦めるならこれ、というライトノベルを一冊

ブギーポップは笑わない


4.いちばん好きなライトノベルを一冊

BLOODLINK


5.いちばん好きなライトノベル作家を一人

清水マリコ


6.あなたの好きなイラストレーターを一人

山本ヤマト


7.あなたの好きな漫画をひとつ

一緒に遭難したいひと


8.あなたの好きなアニメをひとつ

ハルヒ


9.あなたの好きなゲームをひとつ(エロゲは除外)

ICO


10.あなたの好きなエロゲをひとつ(全年齢対象のギャルゲも含む)

そ、そんなゲームやったことないんだから!


11.あなたの好きな小説をひとつ(ライトノベルは除外)

スカイ・クロラ


12.あなたの好きな映画をひとつ

最近見てないからなあ。

べ、別に一緒に行く人がいないからとかじゃないんだから!


13.あなたの好きな楽曲をひとつ(クラシック音楽は除外)

A DAY FOR YOU


14.あなたの好きなクラシック音楽をひとつ

La Campanella


15.あなたの好きなブログをひとつ

naoyaの日記


16.もっとメジャーになってほしいと思うライトノベルレーベルは?

レーベルで意識したことないからどこがメジャーなのかよくわからないんですが、MF文庫Jあたりで。


17.ライトノベル食べ物にたとえると何だと思いますか?

カレー


18.あなたがそうだと思うライトノベルの定義を5文字以内で答えてください

出版形態


19.こんな質問は「バカらしい」と実は思っている?

こういうのなかったから意外にいいかも。できればライトノベルリング掲示板あたりに書いて、強制参加させるとか(おい


20.あなたがライトノベルから卒業するとしたらどんなとき?

たぶんないです


トラックバック - http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/deltazulu/20060427

2006-04-19

ライトノベルを勧めるなら

おれもラノベ読もうと思った。1冊選ぶなら何がいいかしら。

ラノベについてふと思った。

と、nikoprotocolさんが投げかけた質問に REVさんやkim-peaceさんやadramineさんが反応してました。今のところ、この話題で見かけたのはこのくらいかな。


もし、自分がライトノベルを読んだことがない人に勧めるのであれば、あまりクセのないやつがいいかなとか、その人の好みのジャンルがいいかなとかいろいろ思ってしまったので、とりあえずジャンル別で選んでみた。ライトノベルって言うなればレーベルだから、すべてのジャンルを網羅しているといっても過言ではないのだ*1


というわけでずらずらと。

ミステリィ

静かに高まる緊張感と、意外な結末の電波と、魔術を使ったフェアなものと。

SF

タイムループものと、最強の司書ものと、ロボもの(ってほどじゃないけど)と。

ファンタジィ系

泣けるものと、心が洗われるものと、心が浮き立つものと。

ホラーサスペンス

戦慄を覚えるものと、いつしか背筋が寒くなるものと、ジェットコースターと。

青春恋愛

*2

素敵な雰囲気と、時と恋愛もの(SFちっく)と、気恥ずかしくなるものと。

一般誌でもいけるんじゃないか系

正統派と、夏の物語と、大人の恋愛ものと。

どのジャンルに入れたらいいのかわからん系

これでぼくはライトノベルに嵌った。



僕はまだライトノベル歴浅いので(1年半ぐらい)いろいろ足りないところもあるかもしれないけど、個人的にはこんな感じで。

まるで一冊じゃないですが……。

*1ジャンル気にしたこと無いけど

*2:二巻セットで読むべし

トラックバック - http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/deltazulu/20060419

2006-04-08

視線が痛い

手に取る度にこちらを見る客の視線が痛かった。そりゃ両手で持てるギリギリの冊数かもしれないけど、そんな見ないでください。何か間違ったことしてるみたいじゃないですか。

おかげで買いそびれた作品がありましたが、店員さんの視線も痛かったので、残りは後日。

トラックバック - http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/deltazulu/20060408

2006-04-02

ラノベラーへのオススメ小説

ライトノベラーがオススメの一般文芸小説(SFもあるでよ)(via REVの日記)を読んで、あーなるほどと思ったり。やっぱり冒険ものや SF って似てるところがあるから勧めやすいですよね。

読んだこと無い本もあるので、手を出してみるのもいいかも。

ちなみに、自分だったらどんな本を薦めるかなあと考えてみましたが、やっぱりファンタジー風味というか特殊能力ものがあったほうがいいかなあ。


梅原克文ソリトンの悪魔

海の底でソナーでしか確認できない怪物に襲われたうえに、次から次へと難題が降りかかるジェットコースターノベル。ページをめくることがもどかしくなります。流血女神伝もびっくりなほど。

ちなみにジェットコースターノベルといえばクーンツの初期の作品もいいかも。


ダン・シモンズ殺戮のチェスゲーム

精神を「押す」ことで相手を操れるマインドヴァンパイアもの。ちょいエロい。上中下とちょっと長いけど、一気読みできる。


恩田陸光の帝国

遠くが見えたり、未来のことが少しわかったりする不思議な力を持つ常野一族の物語。じわりと泣けます。


ファンタジー風味なしだと


デイヴィッド・ハンドラー「真夜中のミュージシャン

デビュー作がバカ売れしたけどスランプになった作家が、ゴーストライターとして有名人の自伝を書くために、有名人インタビューやらなにやらしているうちに何かに巻き込まれるお話。

都会的センスあふれる会話は一読の価値があります。

森博嗣犀川&萌絵シリーズは、このシリーズインスパイアされたとかいってたような。


佐々木譲エトロフ発緊急電

海外にヒギンズの「鷲は舞い降りた」という戦争ものの傑作があるのなら、日本には佐々木譲の「エトロフ発緊急電」がある。

アメリカ日本真珠湾に奇襲攻撃をかけることを知っていたというところから始まるお話。熱き男たちの声は胸に響きます。


樋口有介ぼくと、ぼくらの夏」or「風少女

自殺したクラスメイトについて調査するミステリーミステリーとしてはともかく青春ものとしてはピカ一。

書店であまり見かけませんが、もう絶版なっちゃったかなあ。

ユーモアあふれる語り口は新城カズマ(というよりサマー/タイム/トラベラー)を彷彿させます。


伊坂幸太郎陽気なギャングが地球を回す

銀行強盗が成功したと思ったら売り上げを別の強盗に持っていかれたというお話。

伊坂作品の中でもキャラ立ちまくりなので、読みやすさ抜群。


ぱっと思いついたのはこんなところかな。

Amazon ですら入手しにくい古い作品ばかりのようですが……

トラックバック - http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/deltazulu/20060402