deltazulu.LightnovelG

2006 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2006-02-27

トラックバックソーシャルブックマーク

おお、ラノベ、どうしてあなたはラノベなの?を読んで思ったことについて、つらつらと。

書いてたネタと被るところがあったのでちょうど良かった。


たしかに booklines.net は関連仲間文化圏なんでしょうね(この言葉初めて知った)。

トラックバックについての個人的な意見としては、ただただしさんの言及リンクのないTrackBackの何がいけないのかに賛成な立場なので、自分からトラックバックを打つ際は必ずリンクした上で打ってます。といっても booklines.net から打ってるトラバbk1のべるぶろぐぐらいだけど。あ、のべるぶろぐにはリンクしてないじゃん。嘘つき。


気を取り直して。

ただ、そのあたりのことって知ってる人は知ってるけど、知らない人は知らない的な感じがあると思うので(関連仲間文化圏なんてまさにそうかと)、リンクなしでトラックバックを打たれても削除はしません。そのかわり打ち返してリンクを張るようにしています。このことは、booklines.net のページに書いて……あれ?ない?消しちゃったっけ?どこやったんだろ。

文章だけは残ってるから、どこかに置いておかないと。


それはそれとして(ここから本題)、個人的にトラックバックで繋がるというのは限界があるのかなと思います。

今の booklines.net だと関連仲間文化圏になってしまっている状態のせいか、ほぼ同じサイトからしかトラックバックがやってきません。

ありがたいことではありますが、新たな出会いという点ではちょっと微妙になります。

訪問者からすればリンクをたどりやすいのかもしれませんが……。


まあ、まず自分が動けというのがあるんだけど、トラックバックって打つのがめんどくさくないですか?


で、以前日記でも書きましたが*1、 kazenotoriさんのエントリーで紹介されているライトノベル系でいくつかトラックバックを受け付けてるとこ(CAXの日記

TrackBackシステムだと、基本的には感想を書いた人がpingを送信して……という流れなので、受付側が出来ることは受付先(TrackBackを受け付けるエントリー)を用意するぐらいしかなく、能動的に動くことが難しい流れになっている。


そこを打開する案としては、「はてなブックマーク」ようなソーシャルブックマーク(SBM)を複数人で利用することだ。

という感じのものを個人的に自作中。

どうもセンスというものが欠けまくってるので、どう見せればいいのかというところで四苦八苦していますが、今のところ、サイト登録やら各項目の表示やらは何とかできあがりつつあるってところ。完成度50%未満だけど、ちょうどいい機会だからちょっと公開。


http://reclips.booklines.net/


トップページから先は動かしてないのでご了承ください。

今のところ登録しているサイトライトノベルリング参加者 + αぐらいなので、データ少な……


見せ方もまだまだ問題なんだけど、複数の人で使うとなるとむやにやたらに開放するわけにもいかないので、認証機能をつけざるを得ないんですが、ここがまた大きな問題なんだよなあ。


長くなりそうなんで、この話はまた明日。


あ、こうしたらいいんじゃないの的なご意見があったらコメントください。

何とかやってみようかと思います。

対応できる能力があったら……

*1:私的ファイルdeltazulu記録再開:ラノベ感想リスト

トラックバック - http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/deltazulu/20060227