こころー夢の河辺でー

 | 

2010-01-20

11:02

ブログトップ 記事一覧 記事を書く 管理 ログアウト ヘルプ

こころ-夢の河辺で-<前の10日分

2010-01-03 金色の蛇(96) 編集


 金色の蛇が低い木に巻きついている。このマングローブの森には背の低いヒルギ科の植物が広がっていて、干潮時の湿った地面には蟹やトビハゼが這っているが、蛇がいるのは珍しい。それも黄金色の蛇だ。なにかの餌を獲りに来て満ち潮で帰れなくなったのだろうか。それにしても、ここらにはこんな蛇が住んでいるのだろうか。

 蛇はオヒルギの木のまたのところに居座ってちょろちょろ赤い舌を出している。 いつか家の庭でこれに似た蛇を見たことがある。小さくて綺麗な色をした蛇だったが、私を見ると体を縮め、口をかっと開いて威嚇してきた。蝮かと思い、牛乳の瓶に押し込めて蛇屋のかみさんに見せたところ、これは花蛇ですよ、無害ですと云われた。

 あの蛇は川に流したが、その蛇がこんな遠くまで来るはずがない。しかし、蛇という生き物はどこか神秘的で、北欧神話ミッドガルドの蛇や、日本神話のヤマタノオロチなど悪の権化として登場するが、一方で、正月の蛇の夢は吉兆として歓迎される。

 ヒルギの森に雨が降ってきた。ヒルギの胎生種子がぱらぱら落ち、柔らかい地面のささって、またヒルギになる。その永遠のくりかえしだ。

 無限大の記号は横になった8の字だが、これは尻尾をくわえた古代エジプトウロボロスの蛇からきており、これはりぼんを一回ひねって先をくっつけた後代のメビウスの輪に関係している。

 メビウスの輪は表と裏がつながっていて、表と裏は別という常識に冷や水を浴びせる一種の形象表現だが、同じようにクラインの壷というのがあって、これは壷の先を壷自体に押し込み外に開口させたもので、内側がいつの間にか外側になる。数学者はいろいろ面白いものを考えだすものだ。

 私たちがすんでいるこの宇宙の直径は150億光年ということだが、実際には光が届く範囲を見ているだけで、その外側はどうなっているのか分からない。ひょっとしたら、クラインの壷のように曲がっていて、その先の宇宙がすぐ近くに開いているのかもしれない。

 雨が止んで、沖縄の空に虹が懸かった。その七色の虹は美しく、空に大きく伸び上がった大きな蛇のようにも見える。



コメントを書く

sonoda 2010/01/05 11:07

明けましておめでとうございます。ことしもショートストーリー楽しみにしています。ある美術評論家が「精子は蛇の形をしている」と言っていましたが、蛇は死と再生の象徴かもしれませんね。

kuromura 2010/01/13 12:12

明けましておめでとうございます。朝起きたら沢山の雪が畑や樹の枝に積もっていて、綺麗でした。良い年でありますように。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20100103

2009-10-19 祭り(95) 編集

 最近、目が悪くなったようだ。昼間はいいけど、夜になるとどうも駄目だ。夜目遠目というけれど、向こうから来る人が男か女かも分からない。

 外灯が点いていない鄙びた田舎道を散歩するのは、私の楽しみの一つだ。うす闇にぼんやり浮かんだ白い道を歩いて行くと、何か奇妙な安堵感に包まれる。

 その夜も、例の散歩道を歩いている時だった。いつもは雑草が生い茂っている道脇に点々と光るものに気がついた。月のない夜なのに、月光で反射しているわけではない。何だろうと目を近づけると、姫みぞそばに似た蔦草がつながって生え、その赤い玉が豆電球のようにちかちか光っているのだ。赤い光の玉はずっと行く手の道脇に連なっている。

 どこからか、どーんという太鼓の音も聞こえてくる。お祭りでもあっているのだろうか。こころなしか、行く手の空が赤く燃えているようだ。太鼓の音とともに笛や鐘や囃子のざわめきも聞こえてくる。

 道の行く手にか黒い神社の森が見え、社の前でちらちら動いている人の姿が見える。えいさあ、という囃子もはっきり聞こえる。竹の筒を振り上げて踊る子供たちが見える。大人はそれぞれ鐘を鳴らし、笛を吹きながら、列をつくって社の周りを回っている。

 大人も子供もみな、女柄の浴衣を着ているが、頭の左右に細く綺麗な羽飾りを付けていて、体を動かすにつれ、その羽飾りがゆらゆら揺れるのが面白い。

 えいさあ、えいさあ、よーい、よい。初めてだった。社があるのは知っていたが、こんな面白いお祭りを見たのは初めてだった。思わず拍手をした。

 男の一人がこっちを見た。すると驚いたように、「人間だ。人間だ」という囁き声が波のように伝わり、みんなが振り返ってこっちを見詰める。

 あたりがしんとなり、どんと太鼓が打ち鳴らされ、踊り手はみなばらばらと草陰に隠れた。鐘も笛も社の後ろに隠れていなくなった。

 いったいどうしたんだ。なぜ隠れるんだと叫んだ。

 社とその森は沈黙に包まれた。

 やがて、踊り手たちが隠れた草陰から、ためらいがちに、虫の声が聞こえてきた。最初は、じーい、じい、ころ、ころと。やがて、すい、すいっちょ、りーん、りーんと、次第にその澄んだ鳴き声が高まっていく。



コメントを書く

kuromura 2009/10/30 18:01

文章に関係のないコメントもどうぞ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20091019

2009-09-27 マイク(94) 編集

 私は口下手だ。沢山の人が集まったところで、何かを話そうとすると、頭の中で色んな観念が勝手に暴れだし、いっぺんに口の外に出ようとする。聞いている人は、何をわけが分からないことを言ってるのだろうと思うに違いない。その場の状況を見ながら、あるいは、その場の雰囲気により、順序だてて話すことができないのだ。

 そんな私が講演を頼まれた。困った。困った。どうしよう。

 講演の日、私が会場に着くと、入り口に立っていた知らないおばあさんが言った。「お待ちしてました、どうぞ」。がにまたで歩くおばあさんの後から、建物の中に入って行くと、突然、おばあさんが振り向いて、私の口に飴玉のようなものを押し込んだ。「気分が落ち着く薬だよ」。

 エレベーターには乗らず、おばあさんの後から階段を上っていった。階段は上るにつれだんだん狭くなる。おばあさんの尻が雄大に揺れる。最後の五階に着くときは、人一人がやっと通れる幅しかなかった。天井も低く、まるで下水管の中を潜り抜けていくようだった。思わず口に出た。「どうしてこんなところを行かなきゃならんのか、まるでおれは芋虫だよ」。「ゆっくり、ゆっくりね」。おばあさんの顔がにたりと笑って消えた。とたんに広い場所に出た。

「みなさん、見えられました」美人の司会者が声を張り上げた。

 私は話し始めた。どうやらどもりもせずに、私は話していた。理路整然と。音声朗々と。かねがねこう言いたいと思っていたことを、そのままはっきりと、大勢の聴衆の前で口にしていた。不思議なことだった。

 このような名演説がどうしてこの頭の中に入っていたのだろうか。また、うるさい野次にもめげず、一つ一つの論点を明確に指摘して、ついには全会場を納得させた、押しの強さと政治力はどうだ。まるでこの私が他人の夢を見ていたような案配ではないか。そのときやっと、私は、ここに来るまでの狭い階段のことを思い出した。入り口で会ったおばあさんのことを思った。そういえば、あのおばあさん何処に行ったんだろう。

コメントを書く

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20090927

2009-05-21 詩を創る難しさ(93) 編集

 私は二十歳の頃から詩に携わり、長年、詩や散文詩のことを考えてきた。詩を書く、あるいは詩を鑑賞することを気持の中心に据えながら、あいまいで不安定な自分の精神生活を律してきたつもりだが、いまだにあるべき詩の形がはっきりと見えないし、詩というものが、この世の中でどんな役割を担っているかの見識すら持っているとは言えない。

 たとえば、優れた詩から与えられる、あの無上といっていいほどの精神の高揚感はどこから来るのか。さらに、作品を推敲する自分が、交互に経験する熱くて冷たい構築作業。創造の矛盾に満ちた落着かない時間などなど‥‥。詩の魅力に取りつかれた者として、これらの悩ましい課題はいつも頭を離れない。

 自明の事だが、詩は、書き手と読み手がいて初めて詩として成立する。書き手は伝えたい内容を詩の形で提示し、読み手は、書かれた章句を目で辿りながら、脳内で結ぶイメージを追って、物語りを再生していく。だから、書く側は読む側の心の動きをあらかじめ想定しながら、詩の章句の一字一句を書きつらねていかねばならない。

 若い頃は、とにかく自分の本を出したい思いだけで、まだ未熟な詩を出版してしまう人もいるが、自己満足に終ることを覚悟すべきだ。まず、身近に読んでくれる人がいるかどうかを考えなくてはいけない。詩は誰かに読まれなければ存在することもないし、誰にも読まれない詩など意味がない。

 よい詩は、書かれた内容(意味)と言葉のリズムがお互いに補完しつつ、相乗効果により、強い感動を引き起こす。日常の言葉を使いながらも、読者の共感を誘う。

 詩は誰にも分かる易しい言葉でなければと思う。作者自身にも分からないような詩は問題外だ。どんな平易な言葉を使っても、よい詩は人間や人生への深い洞察によって、読む者に喜びと生きる力を与えるものだ。

 よい詩には、必ずその中心にしっかりした思想なり情念がある。主題がない詩。詩らしさを装った詩はつまらない。真に書くべき内容がない詩、技術だけで書いた詩はつまらない。

 おうおうにして、若い詩人は自分の浅い感情や思想をそのまま詩の形にして提出する。それが自然で当然だというように。だが、私はそれはまだ詩ではないと思う。

 詩を書く上で、自分は出発点に過ぎない。自分が他者からどう見られているか。自分が他者とどう関わっているか。自分とは何か。そのような思考回路がなければ、書かれた詩はまだ、詩とは言えないと思う。

 さらにいうなら、自分がいる狭い場所にこだわる限り、詩は自由な広い空間を見つけられないだろう。他者を含めた自分。普遍的な自己。もしそのような自分を見ることができるなら、もしそのような開かれた自分であるならば、詩は、自ずと向うから訪れてくれるのではないかと思う。

 人間は、植物のように同じ根で繋がっているのではないし、蜂や蟻のような無意識の共同体の一員でもない。ひとりひとりが独自な思考回路を持って生きている存在だ。

 詩が共感を得るためには、その垣根を乗り越えなければならない。そうした意味では、詩は政治家の演説に似ていると思う。詩人の詩が人々の気持に届くかどうかは、その声が普遍性と永遠性を持つことができるかどうかに係っている。   



コメントを書く

kuromura 2009/07/15 11:25

現在、パソコンが故障中。復旧次第再開します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20090521

2009-05-13 仏の山(92) 編集

 その岩山の崖下には、ぽかんと開いた洞窟があり、中から涼しい風が吹いてくる。大きな木柱の案内板がそばに立っていて、大きく墨書で「仏山」と書いてある。

 炎暑の外から穴の中に入ると、洞窟の中はひんやりとして、天井から吊るされた僅かな灯に、狭い通路が浮び上がっている。

 立って歩くのがやっとな凸凹道。左右の壁のところどころに彫り窪めた棚があり、蝋燭が点っている。灯明のうしろには羅漢、山王などが安置されて、しきりに線香の臭いがする。歩くうち、徐々に下り坂になる道を降りて行くと、急に、開けた場所に出て、あたりが青い照明に浮び上がる。一帯に湯気がたちこめて、額に三角の布を当てた亡者たちが、大釜のまわりで哀願するように手を差し伸べ、死んだようにぐったりとした亡者の傍には大きな鬼が立っている。みな蝋人形だ。

 ここは、多分地獄を再現した場所だろう。とすれば、極楽もあるはずだ。

 少しずつ登りになる坂道を行くと、やがて黄燈色の照明が広がり、こころなし沈香の匂いが漂ってくる。前方の高みに黒い影となって仏の姿が浮び上がった。奈良大仏のような座り姿。ただ全身黄金色のぴかぴか仏だ。

 右手を前にかざし、左手の掌を上に向けて膝に載せているが、その手の上には賽銭箱が乗っている。

 箱に百円硬貨を投げ入れると、大仏の目がきらっと光った。機械仕掛けになっているのだろうか。こんどは五百円を入れてみる。仏の目が動いてこちらを見た。千円札を入れてみる。すると、仏の首がぐるりとこちらを向いて、にたっと笑う。

 これは面白い。では一万円ではどうだろうか。しかし、なにかもったいないような気がする。手帳を破って一万円と書き、中に入れた。とたんに警報装置が鳴り出した。 



コメントを書く

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20090513

2009-04-23 四角な部屋(91) 編集

 街の地面は四角に区切られ、その場所から生えた長方形の建物が、地平線まで連なって青い空を切り取っている。

 いくつもの淡い影の階段‥‥無機質な造型物となってそびえたつオフィスビルやマンション、商業ビル。その四角な壁面には、一様に四角なガラスが無数にはめ込まれ、朝日にきらきら輝き、それらのひとつひとつが見知らぬ昆虫の複眼になってあたりの景色をじろじろ眺めだす。

 この町のいったいどこに、人は住んでいるのだろうか。はて、あれが人間が住む家なのか。まるで断崖にこびり着いてでもいるような具合だ。

 ビルの黒い影に隠れた小さい四角な家。四角い窓、四角な郵便受け、四角な階段、四角な入口、四角な表札‥‥。

 呼び鈴を押して、窓から覗き込む。ワタシたち遠い宇宙から来た者ですが、救助信号を出しているのはこちらですか。

 水色の絵具が溶けている空のかなたから、降りてきた白い霧は、ゆっくりと窓からすべりこんで、部屋を満たし、小さい異星人の影が部屋の隅に現れる。

 テレビと机。四角ずくめの部屋。窓枠に切り取られた四角な景色。だが、ひとつ円いコップが四角な机の上に‥‥。

 コップの円い湖の真ん中で、男が懸命に泳いでいる。表面に浮いたゴミのように、苦しげにもがきながら。 

 四角い顔の女が匙で掻き回すレモンソーダ。かすかに見える氷の青い稜角。

 突然の渦に男は呑まれ、ついで宙に吊るされ、気がつくと、びしょぬれのまま紙に張り付いている。これって虫じゃない。 

 ごみのような小さな男を見ている巨大な目二つ。息詰まる四角な部屋。宇宙人なんてごめんだわ。ぴしゃりと窓が閉じられた。 

 遠くで呼び鈴が鳴っている。繰り返しためらうように呼び鈴が鳴っている。



コメントを書く

おおつき 2009/04/25 00:21

渦巻く水。溺れる男。救われぬ男。幾重にも重なる外の世界。…特に深く考えたわけではありませんが、「水」はコワイですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20090423

2009-03-31 キャンバス(90) 編集

 妻が、庭に水を撒くときれいな虹が架かった。子供が歓声をあげて庭を駈け回る。犬がけたたましく吠えて後を追う。

「おいおい、濡れちゃうぞ」

「暑いから平気だもん」

 洗濯物が干してあるので、そこらじゅう清潔ないい匂いがする。

 私はキャンバスに向って絵を描いている。

「何を描いているの」

 傍に寄って来た子供はまだはあはあ云いながら、その目はどこか遠くを見ている。

「山だよ」

 ごみごみした都会を離れて、私たちは二年ほど、山が見える高原で暮らしている。ここは白樺の林の中。すぐ傍に小さな湖がある。 ここで私は、ずっと山の景色ばかりを描いている。 目に映るのは、うすい色合いの錐形が連なる山々。白い雲が円く取り巻いて、あそこはまるで神の国のよう‥‥。 

 私はふと、キャンバスから目を離し、絵筆を置いて、あたりを見回した。なんだかへんに静かだ。

 洗濯物を干したまま、妻はどこに行ったのだろう。傍にいた子供や、あんなに吠えていた犬もどこに行ったのか‥‥。

 どこか遠くでピアノの音。白い蝶が一羽迷いこんできてキャンバスに止まった。

 しかし、妻はどこに行ったのだろう。子供は、犬は‥‥。 

 家族の姿がないキャンバス、青い山の向こうはやはり青い空。水色の絵具が溶けていく空のかなた。かすかに氷の稜角が見えるが、それは山の冷たい氷壁

 突然思った。

(私は何のために生きてきたのだろう)

 これまで私は山ばかりを描いていた。ここは、私の終の住処なのに、ついさっきまでいた家族の姿はなく、一人ぽっちだ。私がここに住んでいるのは何のためだろう。

「ぼくたちも描いてよ」

 その時、遠くから子供の声がした。温かさが戻ってきた。



コメントを書く

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kuromura/20090331

VinceVince 2012/12/04 22:49 A bit surprised it seems to siplme and yet useful.

raaurxvraaurxv 2012/12/05 19:06 lBhhYX <a href="http://kkyzaapoieoj.com/">kkyzaapoieoj</a>

jimfllbwqptjimfllbwqpt 2012/12/06 00:23 bJogVI , [url=http://knsoynielvjy.com/]knsoynielvjy[/url], [link=http://lpkznlgjlrjv.com/]lpkznlgjlrjv[/link], http://tpnalabumuje.com/

jkdszdetgdjkdszdetgd 2012/12/09 06:10 E6mi22 <a href="http://kuuysouqpoky.com/">kuuysouqpoky</a>

tqqxtrfxpktqqxtrfxpk 2012/12/10 22:20 738r86 , [url=http://zjmexxyyzhen.com/]zjmexxyyzhen[/url], [link=http://lyxtdgpahhpq.com/]lyxtdgpahhpq[/link], http://xpclpprtrerc.com/

CoralieCoralie 2016/04/30 08:47 At last! Something clear I can unnarstedd. Thanks!

BurchardBurchard 2016/05/04 19:23 It's good to see someone thkniing it through.

ゲスト



トラックバック - http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/kuromura/20100120
 |