Hatena::Grouplightnovel

shanghai / ラノベ部 RSSフィード

2012/03/19(Mon)

小林雄次ウルトラマン妹』(スマッシュ文庫小林雄次『ウルトラマン妹』(スマッシュ文庫) - shanghai / ラノベ部 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小林雄次『ウルトラマン妹』(スマッシュ文庫) - shanghai / ラノベ部

読みは「ウルトラマンシスターズ」です。主役ウルトラマンの名前は「ジャンヌ」。

表紙の画は顔が変身前、首から下が変身後のデザインになっていて、本編には登場しない姿です。変身前のヒロインあかりが変身後のジャンヌコスプレをしていると解釈すべきか。まず表紙に変身後の絵を入れなかったのは問題だと思う。せめてカラー口絵に変身後のウルトラマンとしての全身像をちゃんと入れてほしかった。これは編集の責任ですが。

最初に本書を知った時には、ウルトラマニアのラノベ作家が企画を持ち込んで、円谷プロを騙くらかして「公認」を取り付けたのかと思った。ところが著者は本家ウルトラの脚本家でもあるというので、逆に円谷プロ発の企画なのか? と考えたが、あとがきによるとそのどちらでもなく、スマッシュ文庫編集部(PHP研究所)の企画で作者の人選も編集部、その後で円谷プロに持ち込んで「監修」を受けたという経緯らしい。

本文の前には、

本作品は小説向けオリジナルストーリーであり既存の映像作品とは異なる世界観で構成されています。

という断り書きがあって、完全にオフィシャル設定と公認されたとも言い切れないのかもしれない。

「ウルトラの脚本家が初めて書いたラノベ」という触れ込みだったので、いかにもラノベのお約束を知らない人が書いた生硬な内容かと心配したがそんなこともなく、というのも作者の小林雄次特撮ヒーローもののノベライズなど、厳密にはラノベ作家とは言えないかもしれないけど半分ラノベと言ってよいジャンルの小説は書いているのだった。

ちなみに脚本家として手がけたウルトラシリーズ(正編)は『~マックス』『~メビウス』そして『ULTRASEVEN X』のメインライター。……ということを読む人はまず最低限知りたがっているはずなのだが、著者略歴にもあとがきにも記載がない。このあたりも編集の配慮が足りないと思う。

以下本編についてですが、私はウルトラマンは好きですが平成のはちゃんと観てはいないので、概ね昭和のウルトラ観を前提に読んだことを最初にお断りしておきます。

まず、ストーリーの割に長すぎる。文庫本としても結構な厚さがあるので、ラノベ慣れしていないウルトラファンが読もうとした場合ちょっとしたハードルになるのでは。もう少し刈り込めたと思う。

一応、過去のウルトラシリーズが史実としてある世界で、しかしもう何年もウルトラ戦士が地球を訪れていないので忘れられかけているという設定。過去作には小ネタとして触れる程度だが、メビウスへの言及もあるなど時系列は曖昧である。

高卒ニートの主人公が、中学生の妹あかりと出かけて怪獣に襲われ、それを追ってきた(?)ウルトラ戦士に合体して身体を貸してくれと頼まれる、という導入はウルトラシリーズのお約束を忠実になぞっている。インナースペース(?)での対話もそれっぽいが、そのウルトラマンジャンヌ)が女性だったため男とは合体できず妹のあかりのほうが選ばれるという展開になる。主人公がウルトラマンに選ばれそこなうという趣向はちょっと面白い。しかしジャンヌはあかりの「命の灯が消えようとして」いるので自分と合体すれば助かる、とも言っているので、どちらが理由なのか少しぼやけている部分もある。実際にあかりが瀕死という描写がないのも問題で、この小説には直接見せるべき場面をセリフのみで済ませてしまうパターンが多いのが気になる。回想フラッシュバックの入れ方なんかも完全に映像の文法で、小説的でない。

あかりとジャンヌは一心同体になるが、意識は常に共存していて変身すると主人格が入れ替わる。変身アイテムは左手の指環ジャンヌ・スパークで、イメージカラーはピンク。変身前のあかりの胸にもカラータイマーがある、という設定だがこれは胸元を見せるサービスシーンがここにあるだけだった(笑。活動時間はもちろん3分間で、一度変身するとその後12時間は変身できないという制限がある。そこまではいいのだが、あかりとジャンヌの性格がうまく対照にもなっていないので、あまりこの設定が活きていない。二人ともドジっ娘だし、ジャンヌは生真面目な性格かと思いきや、実はウルトラ戦士の落ちこぼれ訓練生見習いで勝手に地球にやって来たことが明らかになるなど、ちょっと一貫せずわかりにくい。あかりが天文マニアという設定なんかも後で効いてくるわけじゃなかったし。

タイトルが『~シスターズ』なのは、ジャンヌもウルトラ戦士だった兄を亡くしているのであかりとジャンヌが妹という解釈なのだろうと思われる。

結局、ジャンヌアムールというもう一人の女性ウルトラ戦士に助けられることになる。アムールは単人格で自ら地球人に変身している。ここでウルトラマンを「擬態型」「憑依型」に分類しているのは少し面白い。アムールの人間体ユキは、地球防衛組織「BURK」の隊員である。

待ってましたの防衛組織だが、BURKは「極秘の防衛組織」であり隊員は別に本業を持ちながら活動するエージェントで、組織の全貌も不明。ここでウルトラマンの定番を大きく逸脱する。主人公の翔太は隊員にスカウトされるが、何しろ秘密の組織なので、基地に詰めていて専用機で出撃するというような展開は全くない。それどころか隊員はユキ以外にほとんど登場せず、後半は「怪獣が出現する原因は主人公にあった」ということが判明して、BURKは必要な犠牲として翔太を抹殺しようとする(!)のである。これは完全に超能力SFによくある敵側の政府機関である。しかも組織の全貌が不明なので指令がどこから出ているのかもわからない、の一点ばりで、実体としての組織が描かれないため、大きな話が主人公の周りの人物のみで展開するという典型的な「セカイ系」になってしまっている。それに超能力SFのパターンとは言ったが、「BURKは怪獣・宇宙人出現の原因があなたの脳であることを突き止めた」などと本人が調査されてもいないのにいきなり結論が出るところも大味だし、「レーザー銃」なんて物が何の説明もなく登場したり、ハッキリ言ってSFとしては見るべきところがない。そもそも過去の防衛組織と違ってBURKの存在を秘匿している理由が何も説明されないし。

小説ならではの防衛隊を描こうという意図なら買いたいのだが、結果これなら最初から敵組織という設定にすればよかったのでは。やはりお約束の防衛チームが見たかったと思う。一応それらしい制服の設定はあるのだが。冒頭でニートの主人公が天文台職員の採用面接を受けるシーンがあるので、てっきりその天文台が実は防衛軍の基地という伏線だとばかり思ったのだが、全く関係なかった(笑。

以下は結末まで書くのでネタバレ警告。

続きを読む

2012/01/05(Thu)

田中ロミオ『灼熱の小早川さん』(ガガガ文庫田中ロミオ『灼熱の小早川さん』(ガガガ文庫) - shanghai / ラノベ部 を含むブックマーク はてなブックマーク - 田中ロミオ『灼熱の小早川さん』(ガガガ文庫) - shanghai / ラノベ部

普通の高校生であろうとする主人公が、ちょっと変わったヒロインのフォローをするうちにどんどん「変な人」サイドに押し出されていく、という話型は前作である『AURA』と同じだが、厨二病モチーフでヒロインをはじめエキセントリックな登場人物が大半を占めた前作とは対照的に、今作ではヒロインも含めラノベ的に過剰なキャラは控えめで、良い意味でラノベ的でない面がある、と評したい。

逆に、一般のラノベならほとんど描写すらされないであろう普通のクラスメート達に主人公が追い詰められていく展開には、「普通」なるものに対する作者田中ロミオの深い絶望が感じられる。クラスの協力が得られず二人で準備した学園祭の出し物が、本番だけエンジョイしに来たクラスのリア充どもに乗っ取られてしまう、しかも彼らに悪意は全くない、というくだりは涙なしには読めない。それでも主人公はヒロインと、おそらくは自分自身にも言い聞かせる。本来はクラスみんなの企画なのだから、これでいいのだ、と。

そんな主人公を田中ロミオは「いい人」として描いているのではない。「普通の人に対する諦め」を描いているのである。

普通のクラスと、普通になれない主人公との軋轢を描く本作は、本来のラノベ読者に届くべき物語であり、こういうラノベがほとんどないのは現状のラノベの歪みなのかもしれないなあと。少なくとも、まだほとんど書かれていないラノベの一つの形とはいえるのではないか。

ただ、全体として「初稿をそのまま出してしまった」ような、本来あと二、三度は改稿を経て完成形に仕上げるべき、その前の段階のものを読んでしまったような印象がある。使い切れていないいくつかのモチーフ(冒頭で主人公が幻視する炎の剣、ヒロインのブログ関連のあれこれ、いじめられて転校していくクラスメートを主人公がほとんど認識していない――のはわざと?など)がまとめ切れていないように見える要因だと思うが、これもラノベ的にわかりやすくまとめすぎていないだけ、と読むべきかなあ。

少なくとも、最後のクライマックスシーンが少し弱いので、そこから結末に至る流れはもう一工夫欲しかったとは思う。一応ハッピーエンドなのでなおさらである。

 

2011/12/11(Sun)

上遠野浩平ヴァルプルギスの後悔 Fire4.』(電撃文庫上遠野浩平『ヴァルプルギスの後悔 Fire4.』(電撃文庫) - shanghai / ラノベ部 を含むブックマーク はてなブックマーク - 上遠野浩平『ヴァルプルギスの後悔 Fire4.』(電撃文庫) - shanghai / ラノベ部

一応のシリーズ完結。

一つ前の3巻目では物凄い大風呂敷を広げまくっていて、『ブギーポップは笑わない』からリアルタイムで読んでいる身としては嘆息するしかないシロモノだったが、最終的には意外とどうにかうまく着地していた。というよりも、「大変なことだと思っていたが、本当に重要なのはそこではない」だとか、「一大事のように見えて、本質は別のところにある」みたいな価値観の転換はもともと上遠野作品のモチーフとして繰り返し現れてきたもので、『~パンドラ』や『~ペパーミント魔術師』も「世界の危機なんてそこらにありふれていて、ごくつまらないことが世界の命運を決めてしまうこともよくある」みたいなプロットで成り立っていた。今回もそれを一際アクロバティックに決めてみせただけなのかもしれない。にしても、ハッタリのスケールがデカすぎるが。

なにしろあの末真和子が統和機構の次の“中枢”に選ばれていて、その統和機構も、さらに上位で闘争している二人の魔女の隠れ蓑にすぎなかった、という話である。十数年前に『~笑わない』を読んでいた頃の自分に聞かせても冗談としか思わないだろう。というか、青春小説の佳作『ブギーポップは笑わない』の想い出を大事にしたい一読者としては、末真和子まで能力者だったという話は受け入れ難いものがあるし、霧間凪に至ってはもう何が何やら。ついでにあの紙木城直子までもが、当時の想定を越えて重要人物として再登場する。まあ直子に関しては、彼女を助けられなかった凪の後悔、は書き残されていたテーマでもあるのだが……。先に挙げた例に従っていえば「人類を救ったのはエコーズを匿った直子の優しさだった」というのが『~笑わない』だったわけだ。閑話休題

魔女の闘争が終結した時点で、世界そのものに与えた影響により、それら闘争自体が「なかったこと」になってしまうというくだりのハッタリは、さすが上遠野浩平の十八番という巧さである。

 そのときに生じた変化を表現するのは、解けてしまった氷の彫刻の形状を後から推測するようなもので、どうしても無理であり、また意味のないことだ。

 人間ではその認識の片端にすら辿りついていない領域に起こった変動は、太陽が爆発すれば日光もなくなるから、昼夜もなくなるというような意味で、なにかを消し去った。

以下延々と一ページ余りも、「それまであった魔女の影響が世界中から消える」描写が続く。

結局、魔女はいなかったことになったので話は統和機構のレベルに戻る。わざわざ『ブギーポップ~』を冠しない別シリーズにした意味もこれでわからなくもない。何しろ魔女から見ると統和機構(の中枢であるオキシジェン)が緩衝体になって魔女から「人類を保護」していた(!)というのだから。ブギーポップが出てくる相手ではなかったともいえるけど、では逆にブギーポップのいう「世界の敵」って何なんだろうというのは正直いまだによくわからない。

魔女同士の争闘というのは『冥王と獣のダンス』(作者のデビュー前の習作が原型だという)に繋がる設定で、どうやら『冥王~』が遠未来の話らしいし、二人の魔女の対立そのものがこの宇宙の根本的原理である「相剋渦動」に基づくことも示唆される。「相剋渦動原理」は『冥王~』よりさらに未来の話にあたると考えられる『ナイトウォッチ』シリーズにおいて宇宙船の超光速推進技術を実現している理論である。そのナイトウォッチシリーズに登場する「虚空谺」と呼ばれる敵は『ブギーポップは笑わない』におけるエコーズと同じ存在だし、ついでに『ソウルドロップ』シリーズに登場する怪人ペイパーカットもおそらく同様。と、全ての上遠野浩平作品を結ぶ設定に今回もう一つ「相剋渦動」が加わったというわけだ。まあ設定のみならず上遠野浩平はどのジャンルでも毎回ほぼ同じような話を書いているわけで、そこは見事に強烈な作家性だと思う。

魔女に話を戻すと、霧間凪というキャラはファザコンを自認する一方で母親の存在には一切言及しないし、最初に義弟を紹介する言葉「オレのあしらいがうまくて、将来女たらしになるんじゃないかと心配」という言葉も、後に主役を張る谷口正樹本人のイメージと全く噛み合わない。つまり凪本人の言動から推測されるのは、「家族」が彼女の唯一の弱点ではないか、という読みになるのだが、正樹が瀕死になった際にはそのことで深刻なダメージを受ける役は織機綺に持って行かれるし、今回も魔女同士の直接対決というお誂え向きの仕掛けを用意しながら、実母・長谷部鏡子との相克はほとんど描かれていない(ついでに継父にあたる谷口茂樹も。何のために登場したのやら)。小説として見ると今回のシリーズ最大の難点はそこだろう。話を進めたのはいいけど、ある意味最大のテーマを拾い忘れてるんじゃないのかと。

まあ、とにかく魔女の話には決着がついたし、今まで状況にコミットしつつも本人の認識はある意味で蚊帳の外にあった霧間凪の立場もある程度ハッキリしたので(それでも今回も凪と統和機構の話はほとんど切り離されて進行するのはある意味見事だが)、あとはサクッとシリーズ完結させてほしいです。ブギーポップさんもたまには登場させてあげてね。

   

2011/11/08(Tue)

平坂読僕は友達が少ない』(MF文庫J平坂読『僕は友達が少ない』(MF文庫J) - shanghai / ラノベ部 を含むブックマーク はてなブックマーク - 平坂読『僕は友達が少ない』(MF文庫J) - shanghai / ラノベ部

7巻まで。

1巻冒頭のプロローグ部は、主人公を含めレギュラーである隣人部のメンバー7人全員が揃って登場するエピソードだが、うち2名がなんと本編に登場しない。2巻で初めて登場エピソードが書かれる。

最初からシリーズのメインキャラクターは出揃っていて、しかも1巻で一区切りというようなこともなく、新キャラの登場回の他は独立した日常エピソードが時系列で並んでいるだけ、という、なんというか非常に割り切った構成。あとがきには「趣味的な作品」とあるので、なるほどある意味で楽に書いたのかなと思っていた。

普段は「この作品にどのようなテーマやメッセージを込めるべきか」といったわりとめんどくさいことを考えながら小説を書き、必要があれば心情的にはあまりやりたくない展開や人物を書いたり、逆に書きたいことであってもテーマにそぐわなければ書かなかったりするのですが、今回は本当に純粋に楽しく読めるものを書かせていただきました。

メインテーマである「友達がいない」という点がメインキャラクター全員に共通する性格設定の軸になっているのは巧いが、逆にそこ以外は非常に類型的なキャラといえる。

以上より、1巻を読んだ時点ではかなり企画先行というか計算して書いているなーという印象が強く、正直なところ少し興醒めだった。

ところが、巻が進むにつれ当初の計算以上のモチーフが膨らんで、作者も楽に書いてばかりはいられなくなってきているのではないか? と思われる展開になってきていて、そこが面白い。

(ここから軽いネタバレ

3巻のラストでメインヒロインの夜空が髪を切り、彼女が10年前に主人公・小鷹の親友だったことが明らかになる。これは最初から張られていたみえみえの伏線。4巻から7巻にかけては長いスパンで、もう一人のヒロイン星奈が、親同士の決めた許嫁だったことが判明。学園の理事長である星奈の父と主人公の父が旧友であることは最初から明かされていて、親同士の縁が本人達にも及んでいることがだんだん明らかになってくる、この展開を後ろのほうにもってきたのは巧いと思う。とはいえ、これも予定の範囲内だろう。

問題は残りの二人である。――というのは幼女二人(マリア、小鳩)を除いての話だが、正直、幼女幼女という類型から抜け出すのが容易ではなく、テコ入れのしようがないということではないか。小説でロリを扱う困難が浮き彫りになった形。その意味で『ロウきゅーぶ!』は見事といわざるをえまい。閑話休題

(ここからは致命的なネタバレ! 5巻以降の。)

続きを読む

2011/01/18(Tue)

賀東招二コップクラフト3』(小学館ガガガ文庫賀東招二『コップクラフト3』(小学館ガガガ文庫) - shanghai / ラノベ部 を含むブックマーク はてなブックマーク - 賀東招二『コップクラフト3』(小学館ガガガ文庫) - shanghai / ラノベ部

太平洋上に異世界へ繋がるゲートが開き、往来が可能になったという設定で、妖精や魔法などのファンタジー要素が持ち込まれた現代社会が舞台のシリーズ。異世界ファンタジーの設定を取り入れつつ、日本人の刑事と、異世界の貴族である女騎士のヒロインがコンビを組むというスタイルはアメリカの刑事ドラマを意識している。

2巻までは別レーベルで出ていたのをリメイクしたものだったが、今回は書き下ろし。

この3巻ではヒロインのティラナが潜入捜査でハイスクールの生徒に成りすます、という話で、どちらかというと地味な刑事ものだった1巻2巻から一転して、賀東先生いきなりトバしすぎじゃないですか、と思った。が、読後の印象はかなり予想を裏切られる。このバランスの取り方はおそらく意図してやってるんだろうなぁ。

そもそも捜査する事件というのが、異世界人のお嬢様が薬物中毒で乱暴された状態の遺体で発見された、という一筋縄ではいかないものだし、舞台となる高校にしても、スクールカーストあり、最後はスクールシューティングありで、ある意味ラノベ的でない、あくまでもアメリカ的なハイスクールとして書かれている。

事件の意外な真相が明らかになる流れはセオリー通りだが、黒幕である犯人は魔法を使った犯行が立証できず逮捕されないまま終わり、一方で銃乱射(正確には連続射殺)事件を起こした少年は、情状酌量の余地があるように描かれながら現場で射殺される。最初に殺された少女も、本当は何を考えていてどんな娘だったのかは結局わからない――、という、あまりにも苦い余韻を残すハードな結末だった。ちょっとビックリしました。すごい。